Meetupに関する情報サイト

>

SNSの始まり

どんなサービス

Meet upは、同じ地域や興味のコミュニティーを簡単にスタートする事ができます。
世界中で2700万人以上の人がコミュニティーを使っています。
Meet upを使い、同じ地域で同じ趣味を持っている人に向けてイベントやセミナーを企画し、イベントやセミナーの告知をして交流する事が可能です。
アメリカ同時多発テロがきっかけで、Meet upというコミュニティーサイトができたといわれています。
本社は、ニューヨークにあり、180か国で使われていて、サイト内で25万人以上のグループがあります。
2015年10月には、日本語で利用できるようになり、日本人の利用者は17万人ほどいます。
共通の趣味仲間を見つけたい人には、良いサービスなのかもしれません。

Meetupを利用する際の注意点

世界中の人々と交流できたりするMeet upですが、注意しなければならない点もあります。
毎日様々なイベント告知がされていますが、良いイベントだけではなく、一部の人は、良いイベントに見せかけて悪質なイベントを開催したりしています。
いざイベント会場に行ってみたら、ねずみ講やマルチ商法のセミナー会場で、アンケートなどで個人情報を記載すると、後日カフェなどに誘われ、ねずみ講やマルチ商法の勧誘を受けたという方もいますので注意が必要です。
もしも被害にあってしまった場合には、事前に勧誘されている音声などの証拠があれば、警察に被害届を提出する事が可能です。
うまい話には、必ず裏がありますので、真に受けないようにしましょう。


この記事をシェアする